サラリーマンの私が本気でFIREを目指すと決意した理由、目指すべき理由 

FIRE、投資

FIREという情報を聞いて
羨ましい、やってみたいけどと迷っている人へのあなたへ

この記事では
①私がFIREを目指す理由
②目指すべきと判断した理由について紹介したいと思います。

あなたがFIREを目指すかどうかの判断材料にしてください。

東北大学 大学院を首席合格
過去の自分が知りたかったことを中心に情報発信
行動原理は自由になること。そのために
①健康(食事、運動・トレーニング)②ライフハック③投資(目標はFIRE)に関する情報を発信しています。
プロフィール、twitterアカウント「さんせべりあ

私の行動原理・夢をみつけることが出来た経緯

わたしは2021年5月時点で27歳になります。
就活の前などに自己分析をやってきた経験はあるものの、夢というものを全く見つけることが出来ていない人間でした。

そのため学生時代は、周りの大人?世間一般の声?から求められる勉強に力を注いでいました。
勉強することで大企業に就職し、高い年収をもらえる確率を上げたいという思いがあったためです。

その努力の結果もあり、20代の平均年収以上(国税庁のデータによると20代の平均年収は約413万円)をいただける企業に就職することが出来ました。

しかし、平均以上の給与をもらっていてもあまり幸福だと感じませんでした。
はじめは就職した業種を間違えた?転職すれば幸福度はあがる?と思いましたが、根本的には違うように感じました。

似たような悩みをもつ高校・大学の同級生が多くいたからです。
自分よりもさらに給与が高い企業に勤めている人も、仕事に対する幸福度は低いように見えました。

年収が平均より高くても幸福度が上がらない理由について考えました。

年収と幸福度の関係は約800万円程度で最大になるという研究結果がありますが(正確な金額は忘れました)
仕事を続けて年収がこれ以上になっても、私は幸福になっている姿を想像できませんでした。

というのも、先輩社員・上司になるにつれ仕事のやりがいが増えたとしても
難易度・責任も同じように増えていくからです。

そのため徹底的に自分が何をやりたいのかを考え・考え抜いた結果
私の場合は「自由な時間が欲しい」ということに行きつきました。

長くなりましたが、これが私がFIREを目指す理由です。

私がFIREを目指す理由

私の場合は、3年間働くことで「自由な時間」が多いことが、幸せにつながると気づくことが出来ました。

自由な時間を増やすために、やるべき行動は大きく以下の3つを考えています。
(私のtwitterでも、この情報は発信し続けています)

①健康に気を付ける
 いくら自由な時間だけあっても、体が健康でなければ意味がありません。
今では健康寿命という言葉が使われています。
そのため、食事・運動・病気の予防などの情報を集めています。

②ライフハック情報をあつめる
言い換えると裏技のような情報を集めたいと思ってます(昔はやっていた伊藤家の食卓などがいい例です)。
お得な時短術などで、時間の最大化をしたいと思っています

③FIRE
 会社に拘束されることなく、投資・投資による配当で生活することが目標

長くなりましたが、これが私のFIREを目指す理由です。

誰しも一度はFIREを目指すべきだと考える理由

厚生労働省によると、日本人の平均寿命は男性が80歳、女性が86歳です。
しかし健康寿命は男性で70歳、女性で74歳です。

今の日本は65歳が定年退職という企業も増えてきます。

つまりこの情報を知らずに働き続けるということは、
老後のお金を心配し定年退職まで働き続けても、約5年程度しか余暇を楽しめない可能性があるということです。

それはあんまりだと思います。

働きがいを求めている人たちにとってはいいでしょう。
しかし、定年退職後の旅行・趣味を楽しみしていた人たちにとっては、人生の浪費となってしまいます。

もちろん健康寿命はその人の努力次第で伸ばすことは可能です。

しかし「働いている人」と「FIREした人」の使える時間を比較すれば
FIREした人の方が健康に気を使えるのは明らかだと思います。

そのため、誰しも一度はFIREを考えてみてほしいと私は思っています。

まとめ

まとめ

1.私の行動原理・夢
 自由な時間をつくること

2. 自由な時間を作るための行動
 ①健康に気をつける ②ライフハック情報を集める 
 ③FIRE (会社に拘束されることなく、配当などで生活することが目標)

3.誰しも一度はFIREを目指すべきだと考える理由
 健康寿命のことを考慮しない働き方では、余暇を楽しめない可能性がある

本日も読んでいただきありがとうございました。

twitterを利用していますので、
気軽に質問・コメント・フォローをお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました