メンズの美容 保湿編 【陥りがちな保湿の勘違い】 

美容

肌には保湿が大事となんとなく知っているけど
よくわからない。
なんとなく保湿を謳ってている商品を使用しているけど実感できないあなたへ。

メンズ・男性が保湿するなんて意味あるの?って
思っているあなたへ。
効果的な保湿方法を知りたいと思っていませんか?

東北大学大学院を主席合格した私が、科学的に正しい保湿の方法を教えます。ちなみに、大学院を卒業して数年立ちますが、正しい肌のケアのおかげで未だに大学生に間違われます。

本記事では下記の内容を紹介します。

保湿とは

保湿とは、読んで字のごとく水分を保つことです。

それではなぜ、肌を保湿する必要があるのでしょうか?水分が保たれなくなるとどうなるのでしょうか?

そんな疑問を一つ一つ解消していきます。

1 保湿をする意味

肌の乾燥とは、肌表面の角層の不調のことです。
角層は、外部の刺激から体の内部を守るバリアの機能を持っています。

バリア機能が低下し外部からの刺激を守れなくなるだけでなく、
体内部の水分などが外に抜けてしまい、水分が少ない乾燥した肌になるのです。

分かりやすい例が肌荒れ、乾燥肌です。

肌でいうところの「保湿」とは、この水分を逃さないようにすることです。

肌の水分がなくなる原因

・ストレス
・紫外線
・乾燥した場所
・過剰な洗浄
・老化
・栄養の不足

などが挙げられます。

健康的な人は、肌本体の保湿機能が働き
特に保湿は必要ありません。

しかしながら、
エアコンの使用や洗顔料を使うのが当たり前、
睡眠不足・栄養不足・運動不足がちな現在では
手を加えて保湿を行うことが、有効的です。

2 保湿方法

保湿をうたっている商品は数多くあります。

化粧水、乳液、クリームなどが一般的です。

しかしながら、保湿に効く成分は基本的に油成分だけです。

水と油は混じらないですよね。

つまり、肌の表面に油を塗ることで
体の内部から水分が逃げていくのを防ぐ
のです。

化粧水や乳液などで保湿に聞く有効成分は油成分です。
しかし、肌に塗りやすくするため
また肌に浸透するようなイメージをもたせるために
化粧水は多くの成分が水でできています。

それならば、有効成分100%の油成分を体に塗るほうが
いいことは分かりますよね。

3 間違った保湿の考え方

間違った保湿の考え方は、過剰に化粧水や乳液を使用することです。

これは以前の記事でも書きましたが、
化粧水や乳液はほとんどが水分のため、
かえって肌の水分を奪うことになりかねます。

何度も記事で伝えますが、化粧水や乳液を使ってから肌が綺麗になっている子を実感できていますか?

肌は約50日で生まれ変わります。
50日以上使用して、効果が感じられない場合、
間違った知識で肌のケアを行っているのです。

またメンズ商品にあるあぶらとり紙には注意が必要です。
一見油が取れたように感じますが、
体は皮脂がなくなったと判断し、皮脂をさらに分泌する悪循環に陥ります。

皮脂の分泌は、肌のトラブルを防ごうとする働きなので
体の皮脂を取り除いた場合は、必ず保湿するようにしてください。

4 普段の保湿ケア方法

基本的に保湿するのであれば、油成分の割合が高い商品がベストです。

ワセリンや馬油、またはニベアなどを使用してください。

使用するタイミングは、風呂上がりや洗顔後、水仕事の後などです。

体の本来の保湿機能

肌の基礎知識については前回紹介しました。

肌には、コラーゲンやケラチン、フィラグリンといった保湿成分を持っています(厳密には正しくない表現なので、正しい知識を身に着けたい方はコメントでお聞きください)。

この保湿機能を、しっかりと働かせることが
肌のケアということになります。

それではどのように、この保湿機能を働かせるのでしょうか。

1 保湿機能の鍛え方

保湿機能の鍛え方、カラダ本来の保湿機能を働かせる方法は
一言でいうと健康的な生活です。

そんなの当たり前だろと思いますよね。
でも本当に、この方法しかないのです。

肌は約50日で生まれ変わります。

つまり、体の外側から化粧などできれいな取り繕っても
その効果は必ず途切れます。

本当の意味で健康な肌 (保湿機能を持った肌) になるためには
健康な細胞を作れるようにならないといけないのです。

健康な細胞を作るためには、
細胞をつくる栄養の摂取(食事)
細胞を作る時間 (睡眠)
が重要
になるのです。

それでは、具体的に食事と睡眠をどうすればよいのか説明します。

2 食事の重要性

一つ一つのポイントを説明していくと膨大になるので
要点だけを紹介します。

・細胞の原料となるタンパク質と脂質を優先し
炭水化物はひかえめに。

・タンパク質は生に近い調理法が効率よく摂取され、老化防止にも効果的。

・タンパク質の摂取には
牛肉、マグロ、カツオがオススメ

・大豆などの植物性タンパク質だけでは不十分です。

・脂質成分はごま油やDHAがオススメ

・マーガリンなどのトランス脂肪酸、揚げ物などの油は厳禁

・野菜は肌を直接材料にはならないが、
 栄養の吸収に関与する腸内細菌に重要。

腸内細菌のためには
・ブルーベリー、キムチ、チーズがオススメ

3 睡眠の重要性

背を伸ばすためには、よく寝なさい。早く寝なさいと聞きますよね。

人間は寝ている間に
細胞の修復、体内の老廃物の処理、代謝に必要な酵素の生産
などが行われます。

どれも健康な細胞の作るための要素です。

それでは、良質な睡眠を取るためのポイントを紹介します。

睡眠の質をあげるポイント



・寝る時間の量とタイミングを一定に

・寝る1時間前には、PC、スマホ、タブレットの使用を避ける
(ブルーライトは睡眠ホルモンであるメラトニンの生成を妨げる)

・なるべく涼しいと感じる環境に
(人の体温が寝ている間に下がるため、暑い環境では睡眠が浅くなる。
しかし、扇風機の風が直接当たるようにするのは避けましょう。)

・部屋を暗くする(遮光カーテンの使用など、眼に入る光をを可能な限り減らす)

・寝る約1時間前に入浴 (一度体温を上げることで、
体温を下げやすくなり寝付きが良くなります。)



ざっとこんな感じです。

寝具なども、もちろん関与するのですが
人によって最適な寝具は異なるので、
別の記事で紹介しようと思います。

まとめ

まとめ

・保湿目的で化粧水や乳液は使用しない
・保湿には油成分量が高い製品(ワセリン、馬油)
・肌の保湿機能を最大化するためには、健康的な生活が欠かせない。
・きれいな肌のために良質な食事と睡眠を

オススメ保湿商品
サンホワイト 50g

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

twitterを利用していますので
気軽にコメントください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました