京アニ実名報道 マスコミの洗脳・悪い一面の吐露

先日の「京アニ実名報道事件」について一つ言いたいことがあったのでブログで綴りたいと思います。

マスコミの悪い点や今回の事件に至った心理的要因についてはDaiGoさんの動画で120%紹介されていますので、ぜひそちらを拝聴してください。

京アニ実名報道【人の死を金としか考えないマスコミ】の正体を解説【NHKも新聞もグル】

「自分を哀れんで良いのは自分だけだ」という言葉が私は非常に好きです。

人から可哀想と思われると=自分は可哀想な人間と定義されることが嫌だということから出てきた言葉です。

自分は苦手なことを克服しようと頑張っているのに、悲しみから乗り越えようとしているのに、可哀想と思われることで自分の「可哀想な人間」というレッテルは取り除けません。

だから「自分を哀れんで良いのは自分だけ」なんです。

実名報道をやめてほしいと思っていた人たちは、今回の報道でマスコミや社会から可哀想な事件にあった人たちと哀れまれることでしょう。

しかし、それは間違っているのです。

本来、他人の不幸を哀れんではいけないのです。悲しみから立ち直るのに協力するのは良いことですが、それが哀れみからくる行動では、その人は救われません。

マスコミからの「可哀想な遺族たち」というレッテル付け、洗脳から、一人でも考えを改めてもらいたいという気持ちからの投稿でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました