人に無限大の可能性を感じたエピソードとは? 【モチベーションを低下させない方法】

夕焼けにきらめく世界 ICL手術

成長に悩んでいるあなたへ
努力している人に胸を打たれてモチベーションを上げたいと思いませんか?

今回はビジネス研修で学んだモチベーションアップスキルを紹介します。

PROFILE

東北大学 大学院を首席合格
過去の自分が知りたかったことを中心に情報発信
ストレスフリーな生活のノウハウ・ノウホワイ情報を発信しています。
プロフィール、twitterアカウント「さんせべりあ

モチベーションアップ方法

今回はモチベーションを上げるオススメの方法を紹介します。

それは「人に無限の可能性を感じたエピソードを思い出す」ことです。

頑張っている人を見ると、
自分も頑張りたくなりますよね。

そのため、定期的に「すごい!」と感じる人のエピソードをインプットすると
モチベーションをアップ、維持することができます。

今回は私がここ1年で感じた「人に無限の可能性を感じたエピソード」を紹介します。

人は視力までも手に入れた!?

これは、私のブログ内で多く紹介していますが
ICL手術はまさに「人の無限の可能性」を体現していますよね。

現代のメガネと類似したレベルのモノが作られたのは1800年代ごろです。

それから200年程度で、人間は眼鏡なしで近視を克服しているのです。

科学の力はすごいですね。

まだまだICL手術の認知度は低いですが、
数十年後にはもっと一般的なものになっていると確信しています。

一昔前はコンタクトやプチ整形なども避けられていましたが
今ではかなり一般的になっていますよね。

iPS細胞で人の角膜なども再生できる時代です。

世界初、iPS細胞から作製した角膜上皮細胞シートの第1例目の移植を実施

https://www.amed.go.jp/news/release_20190829.html

手にマイクロチップを埋めてカードレス、チケットレス、キーレスで
過ごす人たちもいるのです。

手に埋め込んだチップで決済、スウェーデンで広がる チケットや鍵にも

https://newsphere.jp/technology/20190228-2/

こういった「人の努力の結晶」「人の無限の可能性」示唆するような技術を
体験しないで生きていくのはもったいなくありませんか?

無限大の可能性を感じるマンガ

人の無限大の可能性を感じるマンガを2つ紹介します。

ちなみに私はマンガを1000タイトル以上読んでいるので
その中で面白かったものを紹介します。

1.Dr.STONE

週刊少年ジャンプで連載中、アニメも放送されているマンガです。

原作の稲垣理一郎先生はアイシールド21の作者です。

人のコツコツとした努力の姿が心を打ちます。

原始の世界から科学技術を復活させる過程を描いたマンガです。

転生したらスライムだった件」などの転生系のマンガを
現実に寄せたような感じです。

転生系のジャンルが好きな人にオススメの1タイトルです。

マンガなので多少脚色されていますが、そこを突っ込むとマンガは楽しめないですよね。

2.宇宙兄弟

サラリーマンだった主人公が幼少のころの夢「宇宙飛行士」になる過程を
描いたマンガです。

こちらもアニメ化されています。

登場する宇宙飛行士たちの思いの強さには
何度も涙を流されました

人の夢がかなうシーンは、「無限大の可能性」を感じますよね。

宇宙兄弟 名言」でググると数多くの名言が出てきます。

宇宙兄弟に心打たれた人は、はかりしれません。

まとめ

まとめ

・モチベーションを上げる一つの方法は
 人に無限大の可能性を感じるとき

・ICL手術、iPS細胞、手にマイクロチップなど科学技術の結晶から
 人の可能性を感じよう!
 (それを体感せずに死ぬのはもったいなくありませんか?)

・おすすめのマンガはDr.stoneと宇宙兄弟

本日も読んでいただきありがとうございました。

twitterを利用していますので、
気軽に質問・コメント・フォローしてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました