話の順番の大切さとは?

心理学

今回はプロスペクト理論について紹介します。

あなたは次の選択肢が与えられた時にどちらを選びますか?

あなたが自動車会社の重役だとします。
経済的な問題から、3つの工場と6000人の従業員を失う必要がありました。
次のプランのいずれかを決めてください。

パターンA

プラン1:3つのうちの一つの工場と、2000人の従業員を救えるプラン。
プラン2:3つの全ての工場と、6000人の従業員は救える確率は1/3だが
     全く救えない確率が2/3のプラン。

結果は約80%の人がプランAを選択

パターンB

プラン1:3つの内2つの工場と4000人の従業員が失われるプラン
プラン2:3つのすべての工場と6000人の従業員は失われる確率は2/3だが
     全てを救える可能性が1/3あるプラン。

結果は約80%の人がプランBを選択

つまりこの実験では、(プランの内容は全く同じ内容にもかかわらず)
話の順番「得る」のか「失う」かによって、
人の選ぶ傾向が大きく変わるということを表しています。

自分が選択肢を選んでいるつもりでも
無意識にコントロールされているかもしれませんね。

これを防ぐためには選択肢が与えられた際には
何が「得るもの」「失うもの」の療法を考える必要があるということです。

人は損失することを防ぎたいという気持ちが強いのです。

これは他の実験でも紹介されていますので、
後に紹介したいと思います。

本日も読んでくれてありがとうございます。

記事への感想や質問をtwitterなどでいただけると、とても嬉しいです。
フォローやRTしていただけるとこの上なく幸せです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました