10秒で出来る自信をつける・取り戻す方法 【後悔しない生き方】

心理学

何をするにしても自信が持てなかったり
自信を失っているあなたへ

今回の記事では、私がもっと早く知りたかった
オススメの考え方について紹介します。

東北大学大学院を主席合格した私が
(東北大生の中で偏差値80)
もっと早く知りたかった自信をつけるための生き方について紹介します。

自信を思い出す方法

自信をつける、自身を取り戻す方法は
「1位を取ったことを記録する」ことです。

どんな競争・勝負でもいいですが
1位を取るということは人生の中で貴重だからです。

自分が1位を撮ったことを思い出してみても
強く記憶に残っているのは10個程度じゃないでしょうか?

1位を取ったときは毎回嬉しいはずなのに
だんだんと忘れてしまうのですね。

人は嫌だった思い出ほど強く残りがちですが
幸せについては、当時の喜びが次第に薄れていくものです。

そのため、1位をとった時の努力・運や
その時の感情を記録しておき
「自分は〇〇の分野では1位を取ったことがある!」
という自信をつけましょう。

成功体験を振り返ることで、
自信を維持することが出来ます。

自信をなくして、腐ることは最悪の悪循環です。

くさらずに、努力を続ければ
以前のように1位を取ることができると信じましょう。

まとめ

まとめ

1位を取るということはいいことです。
人生で数えるほどしかありません。
その機会をしっかりと記録し、振り返ることで
自信を維持しながら努力しましょう。

おまけ 私の1位の記録

思い出せる範囲で1位の記録について紹介します。

ショボいと思う項目もあると思いますが、
そのくらいでもいいのです。

人生で大事なのはセルフで自信を維持すること、
自分を認めてあげることです。

  • 保育園 なわとび200回達成 1位
  • 小学校 100m走1位
  • 小学校 掛け算の暗記 1位
  • 中学校 3年間 学校リレーアンカーで1位
  • 中学校 市大会400mで1位 県大会出場
  • 高校 学科1位複数回 学年1位一回
  • 高校 漢字検定 学校内1位
  • 高校 リレー1位 全国大会出場
  • 大学院 大学院入試1位

本日も読んでいただきありがとうございました。

私の記事では、
「もっと早く知りたかった」という情報を中心に配信します。

twitterを利用していますので、
気軽にコメント・フォローしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました